NMNの導入、販売

抗老化候補物質として期待される純度100%のピュアニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の導入、販売。

NMNとは:2011年、ワシントン大学医学部(ミズーリ州、セントルイス)発生生物学部門・医学部門教授 の今井眞一郎氏を中心としたチームにより、医療業界を大きく発展させるNMN、(略称: NMN、β nicotinamide mononucleotide、β NMN、βニコチンアミドモノヌクレオチド:ビタミンB3の一種であり自然生物の中にも含まれる補酵素 NAD:ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド 、nicotinamide adenine dinucleotideの前駆体、以下 NMN)という物質の存在とその驚きの効果が報告されました。
NMNはビタミンB群中のビタミンB3に含まれ、あらゆる生物の細胞の中に存在しています。現在、NMNについて世界中で研究が続けられており、非常に多くの注目を集めています。
NMNは本来は体内で自然に生成される物質ですが、加齢に伴い体内での生成能力が減少していくと言われています。